突然ハードディスクが壊れた! HDDバックアップの重要性

故障したHDDハードディスク(HDD)のバックアップの重要性はなんとなく分かっていても、実行に移していない方がおおいのではないでしょうか。経験者なら分かると思いますが、データが消えた、ハードディスクが壊れてしまったというケースに遭遇してしまった際に、初めてバックアップの重要性が分かるそうです。

一度でも経験すると分かるといいますが、大事なデータが消えてしまってからはもう遅い。大事な画像、仕事で苦労して作ったファイル、音楽データなどが全て消えてしまうのです。そこで、ハードディスクについて正しい知識を持つことで、このようなリスクを回避できればと思いまして当サイトを立ち上げました。

 

バックアップをとる方法

ハードディスクは消耗品です。使用期間が長くなるほど、使用頻度が多ければ多いほど、故障する確立が高くなるといわれています。
一般的にハードディスクの寿命は3〜5年と言われています。ハードディスクは永遠に稼動しているわけではないことをまずは知っておきましょう。

そのため、ハードディスクが壊れても少ない損害だけで済むように、ハードディスク対策やバックアップ対策を今から検討しておきましょう。尚、バックアップをする方法は以下の2つがありますので、早速バックアップから始めましょう。

ファイル単位でのバックアップ

ひとつ目はファイル単位のバックアップです。外付けのハードディスクへファイルなどを保管しておけば何かあっても安心です。ただし、ファイル単位のバックアップではソフトやOS環境は保護できないという欠点があります。

ハードディスクを丸ごとバックアップしてしまいましょう

ふたつ目はハードディスクを丸ごとバックアップする方法です。この方法だと、ソフトやOS環境をバックアップすることができますので、もしもの際には今の環境を元通り直すことができるでしょう。方法はそんなに難しくはありません。外付けハードディスクに付属している専用のソフトを使うだけです。

もちろん、バックアップをとる時間はかかりますが、ハードディスクを丸ごとコピーできるのでとっても安心です。